ユースケース

ユースケース

屋外広告は定量的な効果の算出が難しく、アバウトな金額設定やプランニングに基づいて設置・運用が行われています。視認性分析を行うことで、確かな根拠に基づいた定量的な評価が可能となります。

ターゲットとするペルソナについての媒体接触時間を算出し、広告出稿戦略の精緻化に活用できます。

防犯カメラが撮影可能な視認エリアを特定し、最適な設置場所を特定します。

人流データを用いた分析を併用することで、女性や子供、お年寄りなどが通る道路を特定し、より安全な空間設計が可能です。

デジタルツイン上でシミュレーションを行うことで、周辺の建物環境も考慮した発電量を推計することができます。

パネルの反射光を時間帯別に追うことができます。いわゆる光害の影響を事前にシミュレーションすることで、設置後の周辺への悪影響を予測することができます。

緊急時は瞬時かつ効果的に避難経路を認識できることが必要です。ヘキメンの分析を活用することで、最も効果的な案内標識の設置箇所を特定できます。

不動産

  • 周辺の建物環境や部屋の向いている方角を考慮し、正確な日照時間を算出することが可能です。

緑化

  • デジタルツイン内の視認性評価をもとに、自治体が定める緑被率を満たしているかを判定することができます。壁面緑化の施策が緑被率の向上にどの程度貢献しているかを定量的に確認することが可能です。