サービス

Service

ヘキメンは国交省が主催する「東京23区から新しい世界を創るアイデアソン」をきっかけに生まれたサービスです。
当時の紹介記事はこちら

3D都市データを活用したデジタルツインをWebサービスとして提供し、人流データ等を重ね合わせて分析することで視認性の定量評価を行い、空間におけるユーザー体験をアップデートします。

デジタルツイン as a Service

国交省が開発するオープン3D都市モデル”Plateau”や、携帯電話の位置情報を元にした人流データ等を活用し、誰でも簡単にデジタルツイン上でシミュレーションができるプラットフォームを提供します。

視認性の分析

デジタルツインを活用して、現実世界の設置物等が
”いつ”、”誰に”、”どのくらい目についたか”を定量的に分析します

ユースケースの紹介はこちら

視認性評価分析メニュー

視認エリアの算出

デジタルツイン上の任意の物体について、3Dデータを用いて場所による見えやすさをスコアリングし、ヒートマップ状に図示します。

トラフィックの推定

視認エリアにまたがる移動滞在データを抽出し、時間帯別/属性別に視認エリアに滞在している人数を推定します。

移動ルート上の接触時間の算出

出発地、経由地、目的地を指定し、移動ルート上にある媒体にどの程度接触しているかを視覚的に示します。

一人当たり接触時間・総接触時間の算出

移動ルート上における一人当たりの媒体接触時間を算出します。さらに道路交通量データを掛け合わせ、総媒体接触時間を算出します。